自分や元配偶者が再婚したら養育費にはどう影響する? / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 離婚 > 自分や元配偶者が再婚したら養育費にはどう影響する?

自分や元配偶者が再婚したら養育費にはどう影響する?

離婚時に取り決める養育費ですが、再婚によって影響を受けることがあるのかお悩みの方は少なくありません。

本稿では、再婚がどのように養育費に影響を与えるかについて見ていきましょう。

 

 

再婚による養育費への影響

 

法律上、「扶養にかかる協議または審判があった後事情の変更が生じた時」は、養育費の変更が可能とされています(民法880条)。

そのため、再婚がこの「事情の変更」に該当すれば、養育費について再調整(減免)できる可能性があります。

 

ただし、ただ再婚したというだけで再調整が認められる場合は少なく、それが正当化される具体的な事情が必要です。

以下では、養育費が減免される可能性があるケースをご紹介します。

 

自分が再婚した場合

この場合、「再婚相手を扶養すること」のみを理由に養育費の減免が認められる可能性は高くありません。

再婚相手が専業主婦で完全に自分が扶養する場合でも、潜在的な稼得能力を考慮して、経済的な負担が判断されるからです。

 

他方で、再婚相手との間に新しく子どもが生まれたり、再婚相手の幼い連れ子と養子縁組をしたりした場合には、「実質的な扶養家族の増加」を理由に、減額が認められる可能性は上昇します。

 

なお、元配偶者からすると、再婚という都合で養育費が減額されるのは納得いかないと感じる筈ですから、話し合いは難航する場合が多いのが実情です。

 

元配偶者が再婚した場合

 

この場合、「元配偶者の再婚相手がいること」のみを理由に養育費の減免が認められることはありません。

再婚のみでは、元配偶者の再婚相手と子どもの間に法的な意味での親子関係が発生しないからです。

 

他方で、元配偶者の再婚相手と子どもが養子縁組をした場合には、それを理由に養育費の減免が認められる可能性があります。

この場合には、元配偶者の再婚相手が一次的な扶養義務を、自分が二次的な扶養義務を負うため、再婚相手の経済力次第で養育費を免除される可能性もあるかもしれません。

 

 

離婚に関することは、弁護士 田中 太朗(和泉府中法律事務所)にご相談ください

 

再婚により養育費が減免されるケースはありますが、養育費減免が正当化される具体的な事情が必要です。

弁護士 田中 太朗(和泉府中法律事務所)は、離婚に関してお悩みの皆様から法律相談を承っております。

事前のご連絡で、営業曜日・時間外でもご対応いたします。

親権や離婚に関するお悩みをお持ちの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 処分保留で釈放された場合...

    ■処分保留の釈放とは?捜査機関が証拠収集を行うにあたっては、被疑者が逃亡したり証拠を隠滅したりすることを防ぐため、被疑者...

  • 釈放時の身元引受人とは?...

    ■釈放時の身柄引受人とは?犯罪の容疑が認められる場合、警察・検察が裁判所の令状の発布を受けて容疑者の身柄を拘束することが...

  • 労働問題

    日々、会社で働くにあたって、労働問題が発生する可能性はあらゆるところに潜んでいます。代表的な労働問題は、残業代の未払いで...

  • 遺言書の種類や書き方

    民法上、遺産相続の相続人と遺産の相続分が定められています(法定相続)。しかし一方で、遺言書を作成することにより被相続人の...

  • 貝塚市の離婚が得意な弁護...

    日本の離婚率は35%前後であり、離婚問題は誰もが経験する可能性のある重大な問題です。しかしながら離婚に際しては、財産分与...

  • 財産分与の対象と割合

    離婚を成立させるにあたって、まずはご夫婦の財産をお二人で分割することになります。これを「財産分与」と呼びます。財産分与の...

  • 症状固定と後遺障害等級に...

    ■症状固定と後遺障害等級について・後遺障害等級とは適切な治療行為を継続しても、改善の見込みがない状態を「症状固定」といい...

  • 遺産分割協議と調停につい...

    遺産分割協議とは、だれがどの財産を相続するかを決定する会議です。相続人と相続財産が確定し、遺産を受け継ぐと決めたら、いよ...

  • 公正証書遺言があってもも...

    公正証書遺言は、もめ事になるリスクが少ない遺言書ですが、作成過程や内容によっては遺言書の効力が問題となり、もめ事が起きる...

  • なぜ親権争いは母親が有利...

    法律上、離婚をした場合に子の親権は父親か母親かのいずれか一方に属することになっています。日本では協議離婚が9割を占める現...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ