パワハラ 裁判 / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > その他法律問題に関するキーワード > パワハラ 裁判

パワハラ 裁判

  • 離婚の種類とは?

    調停離婚とは、第三者である調停委員が、家庭裁判所にてご夫婦のご意見を代わりに擦り合わせ、合意に至ることができるよう話し合いを重ねるというものです。調停委員がご夫婦の一方から事情を聞き、次にもう一方から事情を聞く、という行為を重ねながら意見の擦り合わせを行うため、ご夫婦は互いに顔を合わせずに、調停委員を介して話し合...

  • 遺産分割協議と調停について

    協議がまとまらない場合などは、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。これを調停分割といいます。調停分割では、調停委員などが当事者の希望や意見などを聞き、それを踏まえながら合意に向けて話し合いを進めていくこととなります。 弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、和泉市・泉大津市・堺市・岸和田市・貝塚市などを...

  • 相続放棄

    相続放棄は、家庭裁判所にその意思を伝えることにより行います。申述先の家庭裁判所は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所になります。 相続放棄をする場合は、他の相続人の合意は必要なく、一人で行うことができます。相続人の中に未成年者や成年被後見人がいる場合は、法定代理人が代理して申述をします。未成年の子と法定代...

  • 過失割合とは?

    裁判における過失割合の基準過失相殺が裁判官の裁量によって行われるのと同様に、本来的には過失割合の決定も裁判官の裁量によって行われるものです。しかし、個々の事案ごとに裁判官の判断を要求するのは、裁判官に過大な負担となり、訴訟の遅延を招くおそれがあることから、実務上は過失割合について事案類型ごとの基準が定められてい...

  • 示談交渉を弁護士に依頼するメリット

    金額算定の基準として(1)自賠責基準(2)任意保険基準(3)弁護士基準(裁判基準)の3つがありますが、これらは金額がかなり異なるものであり、示談交渉を弁護士に依頼することで、最も高い基準である弁護士基準を目指して交渉を進めることができるというメリットがあります。 ・示談代行サービス示談代行サービスとは、示談交渉の...

  • 弁護士特約とは?

    この点においては、弁護士特約によって保険金を受けられるため、裁判において弁護士費用が損害として認められるのかの争いがあります。裁判例の結論は分かれています。 弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、和泉市、泉大津市、堺市、岸和田市、貝塚市を中心に、大阪府、京都、和歌山、兵庫、奈良、滋賀周辺における交通事故に関す...

  • 逮捕された後に弁護士ができること

    傷害や窃盗事件の場合、被害者との間での示談成立の有無が、起訴不起訴の判断や起訴されて刑事裁判になった際の量刑にも影響を与えます。この示談交渉は、プライバシーの問題から直接相手方と交渉を行うことが出来ない場合も多くなっていますが、弁護士であれば交渉をすることが出来ます。 最終的に刑事裁判に至ってしまった場合でも、法...

  • 私選弁護士と国選弁護士の違いとは?

    そもそも私選弁護人とは、被疑者やその家族などが私費で弁護を依頼した弁護士であり、逮捕された直後であれ裁判が始まってからであれどの段階からでも依頼をすることが出来ます。 これに対し、国選弁護人は資力の問題(一般的に50万円未満の資力とされている)から私選弁護人を依頼できない刑事事件の被疑者、被告人(被疑者が起訴され...

  • 逮捕後の手続きと流れ

    検察官は24時間以内に起訴するかしないかの判断、もしくは追加の取り調べをしなければならないときなどやむを得ない場合には裁判所に対して勾留請求をすることとなります。この72時間以内に被疑者が有利な証拠を提出するなどすれば、検察は起訴することはできず、裁判所も勾留を認めないため、短期間で釈放されることになります。 

  • 刑事事件の被害者になってしまったら

    示談交渉が合意に至らなかった場合や、そもそも示談交渉が行われなかった場合、加害者が明らかであれば、刑事裁判とは別に加害者に対し損害賠償を求める民事訴訟を提起することができます。 こうした加害者との間の問題に加え、被害者の精神面や生活面での問題もあります。被害者は事件の被害を受けたことのショックから精神的に不安定に...

  • 債務整理

    これは、現在ご自身が借金を返済することが困難であると裁判所に認めてもらうことで、借金を減額し、それを3年から5年かけて返済するという制度です。個人民事再生の段階では、ご自身の住宅などの財産を残すことができることに加えて、特定の職業に就けないなどの制限もありません。最後に4つ目は「自己破産」です。これは、財産がない...

  • 労働問題

    上司からのパワハラや、同僚からのモラハラ、セクハラなどに今なお悩んでいる方は決して少なくありません。ハラスメントを改善しようと会社側に働きかけても効果がない場合や、精神的に耐えられず仕事を続けられないほど深刻な被害である場合も多く、早急な対応が不可欠です。まずはハラスメントの被害を証明するため、詳細に記録すること...

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 相続法改正の内容と施行日

    ■相続法改正の内容と施行時期相続法改正によって従来の相続法と大きく変更される事項について、ひとつずつ解説します。いつから...

  • 逮捕された後に弁護士がで...

    逮捕された後に弁護士ができることは様々です。まずは、法律的なアドバイスや家族と被疑者の仲介役を行うということが出来ます。...

  • 示談交渉を弁護士に依頼す...

    ■示談交渉を弁護士に依頼するメリット・示談とは交通事故の損害賠償などを、当事者で話し合って解決することを示談といい、示談...

  • 養育費はいつまで貰えるか

    「まだ幼い子どもがいるが、離婚することになった。これからお金もかかると思うが、養育費はいつまで支払ってもらうことができる...

  • 相続の流れと相続後の手続...

    ■死亡届の提出相続は人の死によって開始します。被相続人が亡くなった場合、まずは死亡届を役場に提出しなければなりません。死...

  • 債務整理

    「債務整理」とは、ご自身の借金を減額することや、支払いに猶予をもたせることで、ご自身の生活のご負担を少しでも軽減するとい...

  • 逮捕後の手続きと流れ

    逮捕された後は最初の72時間が重要となります。逮捕された被疑者(俗にいう容疑者)は、警察による取り調べを経て48時間以内...

  • 親権の獲得が有利になるに...

    離婚をお考えの方の中で、未成年のお子様をお持ちの方にとっては、お子様の今後に関する問題に何よりも頭を悩ませることでしょう...

  • 離婚の種類とは?

    法的に夫婦関係を解消し、離婚を成立させるための方法には、4つの種類が存在しています。 まず、離婚成立に向けて行...

  • 遺産分割協議と調停につい...

    遺産分割協議とは、だれがどの財産を相続するかを決定する会議です。相続人と相続財産が確定し、遺産を受け継ぐと決めたら、いよ...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ