裁判 基準 交通事故 / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 交通事故に関するキーワード > 裁判 基準 交通事故

裁判 基準 交通事故

  • 離婚の種類とは?

    調停離婚とは、第三者である調停委員が、家庭裁判所にてご夫婦のご意見を代わりに擦り合わせ、合意に至ることができるよう話し合いを重ねるというものです。調停委員がご夫婦の一方から事情を聞き、次にもう一方から事情を聞く、という行為を重ねながら意見の擦り合わせを行うため、ご夫婦は互いに顔を合わせずに、調停委員を介して話し合...

  • 親権の獲得が有利になるには?

    弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、離婚のお悩みだけでなく、相続、交通事故、刑事事件などの法律問題に対し、地域密着型の活動方針のもと、幅広くご対応させていただいております。和泉市、泉大津市、堺市、岸和田市、貝塚市を中心として、大阪府、京都府、和歌山県、兵庫県、奈良県、滋賀県にお住まいのご相談者様に広くお応え...

  • 財産分与の対象と割合

    弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、離婚のお悩みだけでなく、相続、交通事故、刑事事件などの法律問題に対し、地域密着型の活動方針のもと、幅広くご対応させていただいております。和泉市、泉大津市、堺市、岸和田市、貝塚市を中心として、大阪府、京都府、和歌山県、兵庫県、奈良県、滋賀県にお住まいのご相談者様に広くお応え...

  • 慰謝料請求できるケース

    弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、離婚のお悩みだけでなく、相続、交通事故、刑事事件などの法律問題に対し、地域密着型の活動方針のもと、幅広くご対応させていただいております。和泉市、泉大津市、堺市、岸和田市、貝塚市を中心として、大阪府、京都府、和歌山県、兵庫県、奈良県、滋賀県にお住まいのご相談者様に広くお応え...

  • 遺産分割協議と調停について

    協議がまとまらない場合などは、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。これを調停分割といいます。調停分割では、調停委員などが当事者の希望や意見などを聞き、それを踏まえながら合意に向けて話し合いを進めていくこととなります。 弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、和泉市・泉大津市・堺市・岸和田市・貝塚市などを...

  • 相続放棄

    相続放棄は、家庭裁判所にその意思を伝えることにより行います。申述先の家庭裁判所は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所になります。 相続放棄をする場合は、他の相続人の合意は必要なく、一人で行うことができます。相続人の中に未成年者や成年被後見人がいる場合は、法定代理人が代理して申述をします。未成年の子と法定代...

  • 過失割合とは?

    裁判における過失割合の基準過失相殺が裁判官の裁量によって行われるのと同様に、本来的には過失割合の決定も裁判官の裁量によって行われるものです。しかし、個々の事案ごとに裁判官の判断を要求するのは、裁判官に過大な負担となり、訴訟の遅延を招くおそれがあることから、実務上は過失割合について事案類型ごとの基準が定められてい...

  • 症状固定と後遺障害等級について

    弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、和泉市、泉大津市、堺市、岸和田市、貝塚市を中心に、大阪府、京都、和歌山、兵庫、奈良、滋賀周辺における交通事故に関するご相談を承っております。「等級認定のための診断書はどこに提出するのか」など、交通事故に関するさまざまな問題に対応しております。交通事故問題でお困りの際は、お...

  • 示談交渉を弁護士に依頼するメリット

    交通事故の損害賠償などを、当事者で話し合って解決することを示談といい、示談の内容として、加害者の被害者に対する金銭の支払いについての「給付条項」と、被害者が将来他の金銭の支払いを請求しないことについての「清算条項」を定めるものです。 ・賠償の基準金額算定の基準として(1)自賠責基準(2)任意保険基準(3)弁護士基...

  • 弁護士特約とは?

    交通事故における損害賠償請求訴訟においては、弁護士費用の一部が損害として認められることがあります。この点においては、弁護士特約によって保険金を受けられるため、裁判において弁護士費用が損害として認められるのかの争いがあります。裁判例の結論は分かれています。 弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、和泉市、泉大津市...

  • 逮捕された後に弁護士ができること

    傷害や窃盗事件の場合、被害者との間での示談成立の有無が、起訴不起訴の判断や起訴されて刑事裁判になった際の量刑にも影響を与えます。この示談交渉は、プライバシーの問題から直接相手方と交渉を行うことが出来ない場合も多くなっていますが、弁護士であれば交渉をすることが出来ます。 最終的に刑事裁判に至ってしまった場合でも、法...

  • 私選弁護士と国選弁護士の違いとは?

    そもそも私選弁護人とは、被疑者やその家族などが私費で弁護を依頼した弁護士であり、逮捕された直後であれ裁判が始まってからであれどの段階からでも依頼をすることが出来ます。 これに対し、国選弁護人は資力の問題(一般的に50万円未満の資力とされている)から私選弁護人を依頼できない刑事事件の被疑者、被告人(被疑者が起訴され...

  • 逮捕後の手続きと流れ

    検察官は24時間以内に起訴するかしないかの判断、もしくは追加の取り調べをしなければならないときなどやむを得ない場合には裁判所に対して勾留請求をすることとなります。この72時間以内に被疑者が有利な証拠を提出するなどすれば、検察は起訴することはできず、裁判所も勾留を認めないため、短期間で釈放されることになります。 

  • 刑事事件の被害者になってしまったら

    示談交渉が合意に至らなかった場合や、そもそも示談交渉が行われなかった場合、加害者が明らかであれば、刑事裁判とは別に加害者に対し損害賠償を求める民事訴訟を提起することができます。 こうした加害者との間の問題に加え、被害者の精神面や生活面での問題もあります。被害者は事件の被害を受けたことのショックから精神的に不安定に...

  • 債務整理

    これは、現在ご自身が借金を返済することが困難であると裁判所に認めてもらうことで、借金を減額し、それを3年から5年かけて返済するという制度です。個人民事再生の段階では、ご自身の住宅などの財産を残すことができることに加えて、特定の職業に就けないなどの制限もありません。最後に4つ目は「自己破産」です。これは、財産がない...

  • 労働問題

    弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、労働問題だけでなく、相続、交通事故、刑事事件などの法律問題に対し、地域密着型の活動方針のもと、幅広くご対応させていただいております。和泉市、泉大津市、堺市、岸和田市、貝塚市を中心として、大阪府、京都府、和歌山県、兵庫県、奈良県、滋賀県にお住まいのご相談者様に広くお応えいた...

  • 企業法務

    弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、企業法務だけでなく、相続、交通事故、刑事事件などの法律問題に対し、地域密着型の活動方針のもと、幅広くご対応させていただいております。和泉市、泉大津市、堺市、岸和田市、貝塚市を中心として、大阪府、京都府、和歌山県、兵庫県、奈良県、滋賀県にお住まいのご相談者様に広くお応えいた...

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 刑事事件の被害者になって...

    刑事事件の被害にあった場合、被害者であってもしなければならないことは数多く、様々な問題を抱えることとなります。 ...

  • 逮捕された後に弁護士がで...

    逮捕された後に弁護士ができることは様々です。まずは、法律的なアドバイスや家族と被疑者の仲介役を行うということが出来ます。...

  • 財産分与の対象と割合

    離婚を成立させるにあたって、まずはご夫婦の財産をお二人で分割することになります。これを「財産分与」と呼びます。財産分与の...

  • 示談交渉を弁護士に依頼す...

    ■示談交渉を弁護士に依頼するメリット・示談とは交通事故の損害賠償などを、当事者で話し合って解決することを示談といい、示談...

  • 症状固定と後遺障害等級に...

    ■症状固定と後遺障害等級について・後遺障害等級とは適切な治療行為を継続しても、改善の見込みがない状態を「症状固定」といい...

  • 弁護士特約とは?

    ■弁護士特約とは?・特約とは基本となる保険に付帯して、補償内容を補足・変更する契約のことを特約といいます。特約には、一定...

  • 釈放時の身元引受人とは?...

    ■釈放時の身柄引受人とは?犯罪の容疑が認められる場合、警察・検察が裁判所の令状の発布を受けて容疑者の身柄を拘束することが...

  • 遺産分割協議と調停につい...

    遺産分割協議とは、だれがどの財産を相続するかを決定する会議です。相続人と相続財産が確定し、遺産を受け継ぐと決めたら、いよ...

  • 養育費はいつまで貰えるか

    「まだ幼い子どもがいるが、離婚することになった。これからお金もかかると思うが、養育費はいつまで支払ってもらうことができる...

  • 過失割合とは?

    ■過失割合とは?・自賠責保険における重過失減額自賠責保険は被害者保護に厚い制度であり、民法上の過失相殺を適用せず、被害者...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ