刑事裁判 判決 流れ / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 刑事事件に関するキーワード > 刑事裁判 判決 流れ

刑事裁判 判決 流れ

  • 離婚の種類とは?

    この方法は、文字通り裁判によって離婚を成立させるというものであり、判決には法的な強制力を伴います。どんなに複雑化・深刻化した離婚問題であっても、最終的に離婚を成立させることができるというメリットがあるものの、裁判に臨む際には金銭的・時間的負担が強いられてしまいます。 離婚問題の早期解決を目指すためにも、裁判離婚に...

  • 逮捕された後に弁護士ができること

    傷害や窃盗事件の場合、被害者との間での示談成立の有無が、起訴不起訴の判断や起訴されて刑事裁判になった際の量刑にも影響を与えます。この示談交渉は、プライバシーの問題から直接相手方と交渉を行うことが出来ない場合も多くなっていますが、弁護士であれば交渉をすることが出来ます。 最終的に刑事裁判に至ってしまった場合でも、法...

  • 私選弁護士と国選弁護士の違いとは?

    刑事裁判における有罪率が99%を超えていることからも、起訴される前の早い段階からの行動が重要であると考えられています。また、私選弁護人であれば、自分と合わないと感じた際など、いつでも解任、選任ができることもメリットとして挙げることが出来ます。自由に選べることから刑事事件に強い弁護士などを選ぶことが出来ます(国選弁...

  • 逮捕後の手続きと流れ

    検察官は上記の最大23日以内の間に被疑者を起訴するかしないかの判断をしなければならず、起訴した場合は裁判所で刑事裁判が開かれることとなります。 刑事裁判に至ってしまった場合、日本では有罪率が99%を超えているため、起訴された場合には有罪となってしまうことがほぼ確実となっています。そのため、逮捕後はいち早く弁護士に...

  • 刑事事件の被害者になってしまったら

    示談交渉が合意に至らなかった場合や、そもそも示談交渉が行われなかった場合、加害者が明らかであれば、刑事裁判とは別に加害者に対し損害賠償を求める民事訴訟を提起することができます。 こうした加害者との間の問題に加え、被害者の精神面や生活面での問題もあります。被害者は事件の被害を受けたことのショックから精神的に不安定に...

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 症状固定と後遺障害等級に...

    ■症状固定と後遺障害等級について・後遺障害等級とは適切な治療行為を継続しても、改善の見込みがない状態を「症状固定」といい...

  • 養育費はいつまで貰えるか

    「まだ幼い子どもがいるが、離婚することになった。これからお金もかかると思うが、養育費はいつまで支払ってもらうことができる...

  • 債務整理

    「債務整理」とは、ご自身の借金を減額することや、支払いに猶予をもたせることで、ご自身の生活のご負担を少しでも軽減するとい...

  • 法定相続人とは?

    民法では、相続人となるべき人とその順番を定めています。まず、被相続人の配偶者は常に相続人となります。しかし、内縁の夫や妻...

  • 逮捕された後に弁護士がで...

    逮捕された後に弁護士ができることは様々です。まずは、法律的なアドバイスや家族と被疑者の仲介役を行うということが出来ます。...

  • 釈放時の身元引受人とは?...

    ■釈放時の身柄引受人とは?犯罪の容疑が認められる場合、警察・検察が裁判所の令状の発布を受けて容疑者の身柄を拘束することが...

  • 財産分与の対象と割合

    離婚を成立させるにあたって、まずはご夫婦の財産をお二人で分割することになります。これを「財産分与」と呼びます。財産分与の...

  • 休業補償

    「通勤中に交通事故に遭ってしまった。休業補償を受けるにはどのような条件があるのだろうか。」「交通事故による休業補償は、休...

  • 相続法改正の内容と施行日

    ■相続法改正の内容と施行時期相続法改正によって従来の相続法と大きく変更される事項について、ひとつずつ解説します。いつから...

  • 逮捕後の手続きと流れ

    逮捕された後は最初の72時間が重要となります。逮捕された被疑者(俗にいう容疑者)は、警察による取り調べを経て48時間以内...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ