相続に関するキーワード / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 相続に関するキーワード

相続に関するキーワードに関する基礎知識や事例

  • 相続放棄 撤回

    相続放棄の取り消し(撤回)ができるケースとは被相続人に借金などの負債が多くある場合、相続放棄を検討することとなりますが、一度相続放棄をした場合、後から取り消し(撤回)することはできるのでしょうか。以下で詳しく見ていきまし […]

  • 公正証書遺言 もめる

    公正証書遺言があってももめるケース|どのように対処するべき?公正証書遺言は、もめ事になるリスクが少ない遺言書ですが、作成過程や内容によっては遺言書の効力が問題となり、もめ事が起きることがあります。本稿では、公正証書遺言が […]

  • 遺留分侵害額 請求 されたら

    相続手続きの中で期限があるものは?■遺留分侵害額請求(遺留分侵害を知ってから1年)被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人には、遺留分という最低限度の取り分が保障されています。そして、相続した財産額がこの取り分に満たない場合、 […]

  • 遺留分 法定相続分

    遺留分とは?法定相続分との違いや権利者の範囲など遺留分とは、特定の法定相続人が最低限取得することができる財産の取り分のことをいいます。遺言などが無い場合、原則として、民法に定められた法定相続分に従って、遺産分割をすること […]

  • 遺留分 権利者

    遺留分とは?法定相続分との違いや権利者の範囲など遺留分とは、特定の法定相続人が最低限取得することができる財産の取り分のことをいいます。遺言などが無い場合、原則として、民法に定められた法定相続分に従って、遺産分割をすること […]

  • 相続 期限

    相続手続きの中で期限があるものは?相続には様々な手続きがあり、期限が定められているものもあります。 ■相続放棄・限定承認(被相続人の死亡を知った日から3カ月)相続人には、単純承認・相続放棄・限定承認という3つの選択肢があ […]

  • 遺言書 検認

    遺言書の種類や書き方しかし一方で、遺言書を作成することにより被相続人の意向を反映したり、相続人間でもめごとが起こること(「争続」)を回避することができるわけです。民法は遺言書がない場合の相続方法を明記している一方で、遺言 […]

  • 遺言書 費用

    遺言書の種類や書き方しかし一方で、遺言書を作成することにより被相続人の意向を反映したり、相続人間でもめごとが起こること(「争続」)を回避することができるわけです。民法は遺言書がない場合の相続方法を明記している一方で、遺言 […]

  • 遺言書 作成

    相続の流れと相続後の手続き死亡届を提出する際には、医師の作成する死亡診断書も合わせて提出する必要があります。 ■遺言書・相続財産の調査、財産目録の作成次に、故人の遺言があるかどうかを調査する必要があります。故人の遺言が相 […]

  • 遺言書 無効

    遺言書の種類や書き方しかし一方で、遺言書を作成することにより被相続人の意向を反映したり、相続人間でもめごとが起こること(「争続」)を回避することができるわけです。民法は遺言書がない場合の相続方法を明記している一方で、遺言 […]



弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 逮捕後の手続きと流れ

    逮捕された後は最初の72時間が重要となります。逮捕された被疑者(俗にいう容疑者)は、警察による取り調べを経て48時間以内...

  • 相続手続きの中で期限があ...

    相続には様々な手続きがあり、期限が定められているものもあります。 ■相続放棄・限定承認(被相続人の死亡を知った...

  • 企業法務

    企業を経営していくにあたって、弁護士が法務的なサポートを行うことは、企業の日常的な活動だけでなく、今後の成長のためにも不...

  • 交通事故の示談にかかる期...

    交通事故に巻き込まれた場合、事故の相手方と損害賠償などについて示談を行います。では、示談交渉にかかる期間はどの程度なので...

  • 養育費はいつまで貰えるか

    「まだ幼い子どもがいるが、離婚することになった。これからお金もかかると思うが、養育費はいつまで支払ってもらうことができる...

  • 相続放棄

    相続を承認するのか、放棄するのかを決定するのは遺産相続の一つのおおきな山です。相続放棄は、自分のために相続の開始があった...

  • 債務整理

    「債務整理」とは、ご自身の借金を減額することや、支払いに猶予をもたせることで、ご自身の生活のご負担を少しでも軽減するとい...

  • 泉大津市の交通事故に強い...

    交通事故に加害者、もしくは被害者として遭遇してしまった場合には、慰謝料やその支払いの際の過失の割合が問題になることが多い...

  • 遺留分侵害額請求をされた...

    遺留分侵害額請求とは、遺言や遺産分割協議の結果によって、遺留分が侵害された際にする請求のことです。そして、遺留分とは、一...

  • 法定相続人とは?

    民法では、相続人となるべき人とその順番を定めています。まず、被相続人の配偶者は常に相続人となります。しかし、内縁の夫や妻...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ