夫婦 財産 共有 / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 離婚に関するキーワード > 夫婦 財産 共有

夫婦 財産 共有

  • 離婚の種類とは?

    法的に夫婦関係を解消し、離婚を成立させるための方法には、4つの種類が存在しています。 まず、離婚成立に向けて行動を起こす際、最初に目指すのは「協議離婚」の成立です。協議離婚とは、ご夫婦の双方が離婚に向けての話し合いを行い、同意に至ることができれば離婚届を提出し、離婚を成立させることができるという制度です。離婚に対...

  • 親権の獲得が有利になるには?

    お子様の存在がご夫婦にとって大切な存在であればあるほど、お子様に関する問題の解決は難しくなってしまいます。 お子様に関する問題の中でも、とりわけご夫婦間でご意見が対立しやすいものが「お子様の親権」に関する問題です。なぜなら、現在の日本においては、親権をご両親の一方しか取得することができないため、親権をめぐって争い...

  • 財産分与の対象と割合

    離婚を成立させるにあたって、まずはご夫婦財産をお二人で分割することになります。これを「財産分与」と呼びます。財産分与の権利を得ることができるポイントは、「婚姻期間中に財産の増加に寄与したこと」です。つまり、婚姻中はずっと家事を担当しており仕事をしていなかったという場合であっても、配偶者が仕事に集中できるよう支え...

  • 相続の流れと相続後の手続き

    ■遺言書・相続財産の調査、財産目録の作成次に、故人の遺言があるかどうかを調査する必要があります。故人の遺言が相続完了後に見つかった場合は、もう一度初めから相続をやり直さなければいけなくなりますのでご注意ください。それと並行して、故人の財産がどれくらいあるのかを調査する必要があります。相続財産には不動産や貯金などの...

  • 遺産分割協議と調停について

    遺産分割協議とは、だれがどの財産を相続するかを決定する会議です。相続人と相続財産が確定し、遺産を受け継ぐと決めたら、いよいよ遺産分割をすることとなります。遺産分割はいつまでに行わなければならないという決まりはありませんが、亡くなった人のままの名義で財産を管理しているといろいろと不都合が生じることとなりますので、な...

  • 債務整理

    個人民事再生の段階では、ご自身の住宅などの財産を残すことができることに加えて、特定の職業に就けないなどの制限もありません。最後に4つ目は「自己破産」です。これは、財産がないために借金の返済ができないという事実を裁判所に認めてもらうことで、借金の返済義務を法律上免除されるというものです。住宅などの高額な財産は手放さ...

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 債務整理

    「債務整理」とは、ご自身の借金を減額することや、支払いに猶予をもたせることで、ご自身の生活のご負担を少しでも軽減するとい...

  • 追突事故の慰謝料の計算方...

    交通事故はさまざまな状況で発生するものであり、追突事故もその中の一つです。追突事故に遭った場合、慰謝料はどのくらいもらえ...

  • 離婚の種類とは?

    法的に夫婦関係を解消し、離婚を成立させるための方法には、4つの種類が存在しています。 まず、離婚成立に向けて行...

  • 釈放時の身元引受人とは?...

    ■釈放時の身柄引受人とは?犯罪の容疑が認められる場合、警察・検察が裁判所の令状の発布を受けて容疑者の身柄を拘束することが...

  • 労働問題

    日々、会社で働くにあたって、労働問題が発生する可能性はあらゆるところに潜んでいます。代表的な労働問題は、残業代の未払いで...

  • 自分や元配偶者が再婚した...

    離婚時に取り決める養育費ですが、再婚によって影響を受けることがあるのかお悩みの方は少なくありません。本稿では、再婚がどの...

  • 公正証書遺言があってもも...

    公正証書遺言は、もめ事になるリスクが少ない遺言書ですが、作成過程や内容によっては遺言書の効力が問題となり、もめ事が起きる...

  • 私選弁護士と国選弁護士の...

    私選弁護人と国選弁護人の違いは様々です。そもそも私選弁護人とは、被疑者やその家族などが私費で弁護を依頼した弁護士であり、...

  • 離婚成立にはどのくらいの...

    日本の民法では離婚の方式が大きく二つに分けられています。一つが「協議離婚」、もう一つが「裁判離婚」です。今回はお互いの話...

  • 遺留分とは?法定相続分と...

    遺留分とは、特定の法定相続人が最低限取得することができる財産の取り分のことをいいます。遺言などが無い場合、原則として、民...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ