追突事故 / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 交通事故 > 追突事故

追突事故

「はじめて追突事故の被害に遭ったが、怪我はせずに済んだ。相手は物損事故として処理したいと言っているが、どうするべきだろうか。」
「追突事故は、他の事故と比較してどういった特徴があるのだろうか。」
交通事故の被害に遭われた方の中には、このように追突事故についてお悩みの方が多くいらっしゃいます。

 

このページでは、交通事故にまつわる数多くのキーワードのなかから、追突事故についてスポットライトをあてて詳しく説明します。

 

■追突事故
追突事故は、後続車にぶつけられる事故のことをさします。
渋滞中の高速道路や、交差点の多い住宅街など、場所を問わず多くの場面で追突事故は発生しています。
バイク事故においては、バイクが車間距離を誤り、前を走る車に追突するというケースも多くあります。

 

■追突事故の注意点
追突事故で注意しなければならないこととしては、隠れた怪我の存在です。
追突事故をはじめとして、交通事故において、被害者に怪我がなく、車両の損害だけであった場合には物損事故として扱うケースがあります。
しかし、追突事故では一見怪我がないように思われても、実際には追突の衝撃で首や肩を負傷しているということが多々あります。
そのため、物損事故として一旦示談を成立させたものの、後から首に痛みが出始め、通院することになるといったことがあります。
一度示談が成立してしまうと、通院費などの請求でトラブルが起きる可能性が高いため、追突事故の場合には病院で診察を受けることが望ましいでしょう。

 

■追突事故の過失割合
追突事故において、その過失割合は原則として、追突した側の過失が10に対し、追突された側の過失は0とされています。
十分に車間距離を空け、速度を抑えていれば、追突することはないと考えられるからです。
しかしながら、追突された側が不要な急ブレーキを踏んだ場合など、被害者側にも過失があったと合理的に考えられる場合には、当然過失割合が増えることになります。

 

弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、交通事故のお悩みだけでなく、相続、離婚、刑事事件などの法律問題に対し、地域密着型の活動方針のもと、幅広くご対応させていただいております。
和泉市、泉大津市、堺市、岸和田市、貝塚市を中心として、大阪府、京都府、和歌山県、兵庫県、奈良県、滋賀県にお住まいのご相談者様に広くお応えいたしております。
事前のご連絡で、営業曜日・時間外でもご対応いたします。
「逸失利益の計算方法を知りたい。」、「主婦の休業損害や慰謝料を計算してほしい。」など、交通事故に関するお悩みをお持ちの方は、弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)までお気軽にご相談ください。

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 貝塚市の離婚が得意な弁護...

    日本の離婚率は35%前後であり、離婚問題は誰もが経験する可能性のある重大な問題です。しかしながら離婚に際しては、財産分与...

  • 法定相続人とは?

    民法では、相続人となるべき人とその順番を定めています。まず、被相続人の配偶者は常に相続人となります。しかし、内縁の夫や妻...

  • 相続放棄

    相続を承認するのか、放棄するのかを決定するのは遺産相続の一つのおおきな山です。相続放棄は、自分のために相続の開始があった...

  • 過失割合とは?

    ■過失割合とは?・自賠責保険における重過失減額自賠責保険は被害者保護に厚い制度であり、民法上の過失相殺を適用せず、被害者...

  • 相続の流れと相続後の手続...

    ■死亡届の提出相続は人の死によって開始します。被相続人が亡くなった場合、まずは死亡届を役場に提出しなければなりません。死...

  • 弁護士特約とは?

    ■弁護士特約とは?・特約とは基本となる保険に付帯して、補償内容を補足・変更する契約のことを特約といいます。特約には、一定...

  • 離婚の種類と手続き

    「離婚を検討しているが、いくつかある方法の中からどれを選ぶのが自分にとって最適なのかが分からない。」「離婚したいと考えて...

  • 離婚の種類とは?

    法的に夫婦関係を解消し、離婚を成立させるための方法には、4つの種類が存在しています。 まず、離婚成立に向けて行...

  • 逮捕後の手続きと流れ

    逮捕された後は最初の72時間が重要となります。逮捕された被疑者(俗にいう容疑者)は、警察による取り調べを経て48時間以内...

  • 起訴と不起訴とは?

    ■起訴とは警察官や検察の捜査によって、 裁判所による裁判手続きを行って判決を得るべきであると検察官が判断した場合には起訴...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ