相続の流れと相続後の手続き / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 相続 > 相続の流れと相続後の手続き

相続の流れと相続後の手続き

■死亡届の提出
相続は人の死によって開始します。被相続人が亡くなった場合、まずは死亡届を役場に提出しなければなりません。死亡届を提出する際には、医師の作成する死亡診断書も合わせて提出する必要があります。

 

■遺言書・相続財産の調査、財産目録の作成
次に、故人の遺言があるかどうかを調査する必要があります。故人の遺言が相続完了後に見つかった場合は、もう一度初めから相続をやり直さなければいけなくなりますのでご注意ください。それと並行して、故人の財産がどれくらいあるのかを調査する必要があります。相続財産には不動産や貯金などのプラスの財産だけではなく、借金やローンなどのマイナスの財産も含まれますのでご注意ください。相続財産の調査が完了した後は、財産目録を作成します。財産目録の形式は特に決まっていませんが、プラスのものとマイナスのものを分けて作成すると見やすいでしょう。

 

■相続人の確定
そして、相続人を確定する必要があります。相続人の調査は、戸籍謄本などを取り寄せて調べることとなります。故人に隠し子や前妻との子がいた場合などは、それぞれの相続分が変わりますのでご注意ください。

 

■遺産分割協議・遺産分割協議書の作成
相続財産と相続人の調査が終わった後は、遺産分割協議を開催することとなります。遺産分割協議にはすべての相続人が参加する必要があります。未成年者や精神疾患などで参加できない場合は、代理人を立てる必要があります。遺産分割協議が全員の同意のもとで終了した後は、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書には、全相続人の署名と押印が必要となります。

 

自分の相続分を相続した後は、不動産についてはしっかりと相続登記をしておきましょう。登記は義務ではありませんが、相続人が死亡して相続が発生した場合、権利関係が複雑となってしまいますので登記をすることをお勧め致します。

 

そして、相続税の申告ですが、申告は相続の開始後10か月以内に行わなければなりません。相続税の申告は、財産を相続した人それぞれが別々に行っても構いませんし、相続人らが申告書に署名押印することで一つの申告書にまとめて申告することもできます。申告書と一緒に提出しないといけない添付書類(戸籍謄本や遺産分割協議書の写しなど)もありますので、10か月という期間がありますが、なるべく早めに準備を進めましょう。

 

弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、和泉市・泉大津市・堺市・岸和田市・貝塚市などを中心に大阪府・京都府・和歌山県・兵庫県・奈良県・滋賀県などにお住まいの方からの「遺産分割協議」や「相続人調査」などの「相続」に関するご相談を承っております。「相続」に関してなにかご不明な点やお困りのことがございましたら当事務所までご相談ください。ご相談者さまのニーズに合わせた最適なご提案をさせていただきます。

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 逮捕された後に弁護士がで...

    逮捕された後に弁護士ができることは様々です。まずは、法律的なアドバイスや家族と被疑者の仲介役を行うということが出来ます。...

  • 症状固定と後遺障害等級に...

    ■症状固定と後遺障害等級について・後遺障害等級とは適切な治療行為を継続しても、改善の見込みがない状態を「症状固定」といい...

  • 離婚の種類とは?

    法的に夫婦関係を解消し、離婚を成立させるための方法には、4つの種類が存在しています。 まず、離婚成立に向けて行...

  • 過失割合とは?

    ■過失割合とは?・自賠責保険における重過失減額自賠責保険は被害者保護に厚い制度であり、民法上の過失相殺を適用せず、被害者...

  • 釈放時の身元引受人とは?...

    ■釈放時の身柄引受人とは?犯罪の容疑が認められる場合、警察・検察が裁判所の令状の発布を受けて容疑者の身柄を拘束することが...

  • 企業法務

    企業を経営していくにあたって、弁護士が法務的なサポートを行うことは、企業の日常的な活動だけでなく、今後の成長のためにも不...

  • 財産分与の対象と割合

    離婚を成立させるにあたって、まずはご夫婦の財産をお二人で分割することになります。これを「財産分与」と呼びます。財産分与の...

  • 法定相続人とは?

    民法では、相続人となるべき人とその順番を定めています。まず、被相続人の配偶者は常に相続人となります。しかし、内縁の夫や妻...

  • 慰謝料請求できるケース

    離婚をお考えの方からお寄せいただくご質問の中で、とりわけ多いのが「慰謝料を請求することは可能だろうか」というものです。ご...

  • 私選弁護士と国選弁護士の...

    私選弁護人と国選弁護人の違いは様々です。そもそも私選弁護人とは、被疑者やその家族などが私費で弁護を依頼した弁護士であり、...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ