遺留分 法定相続分 / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 相続に関するキーワード > 遺留分 法定相続分

遺留分 法定相続分

  • 遺留分とは?法定相続分との違いや権利者の範囲など

    遺留分とは、特定の法定相続人が最低限取得することができる財産の取り分のことをいいます。遺言などが無い場合、原則として、民法に定められた法定相続分に従って、遺産分割をすることになります。もっとも、遺言で法定相続分とは異なる配分で遺産の分割が指定されている場合や、遺産分割協議によって法定相続分とは異なる配分での分割を...

  • 遺産分割協議と調停について

    相続人全員の同意があれば法定相続分にとらわれることなく各自の相続分を決定することができます。 遺産分割協議が終了したら、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書はだれがどの財産を相続するのかを明確にするための書類です。遺産分割協議書に相続人全員の署名と押印を行うことにより、効力のある遺産分割協議書となります。

  • 相続法改正の内容と施行日

    しかし、各相続人には法定相続分という取り分が定められています(民法900条)。そのため、一般に財産的価値の高い建物を相続することで配偶者の相続分のほとんどを占めてしまい、金銭等の他の財産を取得するのが難しくなることも少なくありません。その結果、生活費に困ってしまう等の不都合がありました。配偶者居住権を利用すれば、...

  • 遺言書の種類や書き方

    ただし、遺言書が有効であるとしても被相続人の子や配偶者などに認められた、「遺産最低限の取り分」である遺留分は侵害されないことになっています(民法1042条参照)。このような制約のもとで遺言書に基づく相続がなされます。 普通の方式としての遺言書の種類は一般的に3種類あります。第1に、自筆証書遺言があります。これは、...

  • 相続手続きの中で期限があるものは?

    遺留分侵害額請求(遺留分侵害を知ってから1年)被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人には、遺留分という最低限度の取り分が保障されています。そして、相続した財産額がこの取り分に満たない場合、法定相続人は遺留分を侵害した人に対し、不足額の支払いを請求することができます。 例えば、遺言により相続財産の大部分が被相続人の友...

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 交通事故の通院終了後は何...

    交通事故の怪我が回復し通院が終わった後に、何をすれば良いのでしょうか。まず思い浮かぶのは、交通事故を起こした相手に対して...

  • 遺留分侵害額請求をされた...

    遺留分侵害額請求とは、遺言や遺産分割協議の結果によって、遺留分が侵害された際にする請求のことです。そして、遺留分とは、一...

  • 親権の獲得が有利になるに...

    離婚をお考えの方の中で、未成年のお子様をお持ちの方にとっては、お子様の今後に関する問題に何よりも頭を悩ませることでしょう...

  • 企業法務

    企業を経営していくにあたって、弁護士が法務的なサポートを行うことは、企業の日常的な活動だけでなく、今後の成長のためにも不...

  • 相続放棄

    相続を承認するのか、放棄するのかを決定するのは遺産相続の一つのおおきな山です。相続放棄は、自分のために相続の開始があった...

  • 釈放時の身元引受人とは?...

    ■釈放時の身柄引受人とは?犯罪の容疑が認められる場合、警察・検察が裁判所の令状の発布を受けて容疑者の身柄を拘束することが...

  • 慰謝料請求できるケース

    離婚をお考えの方からお寄せいただくご質問の中で、とりわけ多いのが「慰謝料を請求することは可能だろうか」というものです。ご...

  • 離婚成立にはどのくらいの...

    日本の民法では離婚の方式が大きく二つに分けられています。一つが「協議離婚」、もう一つが「裁判離婚」です。今回はお互いの話...

  • 弁護士特約とは?

    ■弁護士特約とは?・特約とは基本となる保険に付帯して、補償内容を補足・変更する契約のことを特約といいます。特約には、一定...

  • 過失割合とは?

    ■過失割合とは?・自賠責保険における重過失減額自賠責保険は被害者保護に厚い制度であり、民法上の過失相殺を適用せず、被害者...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ