遺言書 作成 / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 相続に関するキーワード > 遺言書 作成

遺言書 作成

  • 相続の流れと相続後の手続き

    死亡届を提出する際には、医師の作成する死亡診断書も合わせて提出する必要があります。 ■遺言書・相続財産の調査、財産目録の作成次に、故人の遺言があるかどうかを調査する必要があります。故人の遺言が相続完了後に見つかった場合は、もう一度初めから相続をやり直さなければいけなくなりますのでご注意ください。それと並行して、故...

  • 遺言書の種類や書き方

    しかし一方で、遺言書作成することにより被相続人の意向を反映したり、相続人間でもめごとが起こること(「争続」)を回避することができるわけです。民法は遺言書がない場合の相続方法を明記している一方で、遺言書に基づく相続も認めています。ただし、遺言書が有効であるとしても被相続人の子や配偶者などに認められた、「遺産最低限...

  • 遺産分割協議と調停について

    遺産分割協議が終了したら、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書はだれがどの財産を相続するのかを明確にするための書類です。遺産分割協議書に相続人全員の署名と押印を行うことにより、効力のある遺産分割協議書となります。 協議がまとまらない場合などは、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。これを調停分割といい...

  • 症状固定と後遺障害等級について

    そして、後遺障害等級認定の資料は医師の作成する診断書のみですので、この診断書の内容が等級認定に重要な影響を持つことになります。 弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、和泉市、泉大津市、堺市、岸和田市、貝塚市を中心に、大阪府、京都、和歌山、兵庫、奈良、滋賀周辺における交通事故に関するご相談を承っております。「等...

  • 企業法務

    他にも、契約書の作成やコーポレートガバナンスなど、企業の安定的な経営には法的な観点が不可欠です。知識と経験を持つ弁護士にご相談いただくことで、より経営者様のご負担を軽減した上で企業経営を行っていただくことができます。 弁護士が企業に継続的に関わる際、代表的なものが、「顧問弁護士として企業のあらゆる活動をサポートす...

  • 相続法改正の内容と施行日

    従来、自筆証書遺言を作成するにあたっては、その全文について手書きで記載することが要求されていました。改正法では、財産目録の部分については自書以外の方法(パソコン等)により記載し、これに署名押印するという方法を採ることが許されています。・法務局における自筆証書遺言の保管制度の創設(2020年7月10日施行)自筆証書...

  • 堺市の交通事故に強い弁護士をお探しの方

    しかしながら自賠責基準による賠償金額は裁判例などを元に作成された裁判基準(弁護士基準)よりもかなり低い金額に設定されていますから、自賠責基準による示談を持ちかけられた場合には注意が必要となります。示談交渉の際に弁護士をつけていなかったがために極めて低い金額で示談を成立させてしまったという事例もありますので、交通事...

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 弁護士特約とは?

    ■弁護士特約とは?・特約とは基本となる保険に付帯して、補償内容を補足・変更する契約のことを特約といいます。特約には、一定...

  • 追突事故

    「はじめて追突事故の被害に遭ったが、怪我はせずに済んだ。相手は物損事故として処理したいと言っているが、どうするべきだろう...

  • 養育費はいつまで貰えるか

    「まだ幼い子どもがいるが、離婚することになった。これからお金もかかると思うが、養育費はいつまで支払ってもらうことができる...

  • 債務整理

    「債務整理」とは、ご自身の借金を減額することや、支払いに猶予をもたせることで、ご自身の生活のご負担を少しでも軽減するとい...

  • 慰謝料請求できるケース

    離婚をお考えの方からお寄せいただくご質問の中で、とりわけ多いのが「慰謝料を請求することは可能だろうか」というものです。ご...

  • 相続放棄

    相続を承認するのか、放棄するのかを決定するのは遺産相続の一つのおおきな山です。相続放棄は、自分のために相続の開始があった...

  • 遺言書の種類や書き方

    民法上、遺産相続の相続人と遺産の相続分が定められています(法定相続)。しかし一方で、遺言書を作成することにより被相続人の...

  • 起訴と不起訴とは?

    ■起訴とは警察官や検察の捜査によって、 裁判所による裁判手続きを行って判決を得るべきであると検察官が判断した場合には起訴...

  • 企業法務

    企業を経営していくにあたって、弁護士が法務的なサポートを行うことは、企業の日常的な活動だけでなく、今後の成長のためにも不...

  • 過失割合とは?

    ■過失割合とは?・自賠責保険における重過失減額自賠責保険は被害者保護に厚い制度であり、民法上の過失相殺を適用せず、被害者...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ