離婚調停 費用 / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 離婚に関するキーワード > 離婚調停 費用

離婚調停 費用

  • 離婚の種類と手続き

    「離婚したいと考えているが、可能な限り費用や期間を抑えたい」離婚を選択しようと考えたときに、このようなお悩みをお持ちの方は少なくありません。このページでは、数ある離婚にまつわるキーワードのなかでも、離婚の種類と手続きについてスポットライトをあてて、くわしく解説してまいります。 ■離婚の4つの種類と手続き離婚には4...

  • 【離婚調停の基礎知識】手続きの流れや必要な費用など詳しく解説

    本稿では、協議以外の離婚方法である離婚調停について、手続きの流れや必要な費用をご紹介します。  離婚調停の手続きの流れ 離婚調停は、以下の流れで行われます。 ①家庭裁判所に対する申立てまず、夫婦のいずれかが家庭裁判所に調停を申立てる必要があります。申立て先は、相手方の住所地の家庭裁判所か、合意して決めた家庭裁判所...

  • 弁護士特約とは?

    弁護士特約を付けた場合、被保険者が加害者・相手方の保険会社に損害賠償請求をした際に生じた弁護士費用等が一定の限度で保険会社から支払われます。保険金の限度額は、300万円としているものが多くなっています。 ・加害者に対する損害賠償請求交通事故における損害賠償請求訴訟においては、弁護士費用の一部が損害として認められる...

  • 私選弁護士と国選弁護士の違いとは?

    これに対し国選弁護人のメリットとしては費用が抑えられることが挙げられます。私選弁護人の場合、その依頼期間も長くなることが多く費用は高額となります。国選弁護人であれば、原則として国が負担をし、場合によっては裁判所から国選弁護であっても費用の負担を求められることもあります(執行猶予付き判決のときなど社会復帰を果たし、...

  • 養育費はいつまで貰えるか

    子どもと一緒にくらしている側の親が、そういった子どもが必要とする費用を全て支払うことは、大きな負担となります。そのため、子どもと暮らしていない側の親に、養育費として支払いを受けることができるのです。 養育費の金額は、協議離婚の場合には夫婦が自由に取り決めることができます。養育費を定めないということも可能ですが、子...

  • 貝塚市の離婚が得意な弁護士をお探しの方

    離婚に際しては夫婦間の協議で離婚する協議離婚によることが基本となりますが、協議が成立しなかったような場合には離婚調停や離婚訴訟によって離婚することになります。協議によって円満に離婚できる場合であればよいですが、財産分与や親権に関して紛争が生じてしまうなど、協議離婚が成立しないような場合には調停や訴訟によることにな...

  • 交通事故の通院終了後は何をすればいいか

    示談金とは、交通事故により生じた逸失利益・入院費用・慰謝料などの損害を補填する賠償金だといえます。入院費用も損害と考えると、通院が終わったということは自分(被害者)の損害が確定したことを意味します。そこで初めて相手に対して具体的な請求金額を提示し示談金の交渉をすることができるわけです。 もっとも、直接相手に対して...

  • 遺言書の種類や書き方

    公正証書に関しては、財産額に応じて公証人の手数料費用が発生します。 第3に、秘密証書遺言があります。これは、公証人と証人の前で自己の遺言書であることを宣言して、秘密証書として保管される遺言書になります(民法970条1項)。公正証書遺言と異なり、公証人・証人に遺言書の内容が知られないことが特徴になります。 この他に...

  • 離婚協議書と公正証書|記載内容や効力の違い

    離婚の際には、離婚することについて夫婦双方の合意が必要となることはもちろん、親権者、養育費の金額、面会交流の頻度、財産分与、婚姻費用、慰謝料等の離婚条件についても合意する必要があります。そして、後になってトラブルになることを避けるため、合意内容については書面にまとめておくのが一般的です。この書面を、離婚協議書とい...

  • 交通事故の示談にかかる期間|示談金はいつもらえる?

    その際には、車の修理費用や買替え費用の見積書などが必要です。 次に、後遺障害なしの人身事故の場合、示談までの期間は、治療終了から半年程度です。治療が終了しなければ、実際にかかった治療費がわからないため、治療の終了から示談を開始します。もっとも、後遺障害が発生した交通事故の場合、後遺障害が特定されてから半年から1

  • 性格の不一致を理由に離婚する場合に慰謝料は請求できる?

    離婚調停では、裁判所の職員等が仲介することにはなりますが、最終的には双方の同意がなければ調停は成立しません。そのため、離婚調停でも双方の合意が得られない場合には、離婚訴訟として、裁判離婚の手続きに移行します。裁判離婚になった時は、法定離婚事由がなければ離婚はできません。性格の不一致は、法定離婚事由には当たらないの...

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 不当解雇による慰謝料|相...

    会社から正当な理由なく解雇され、それに付随して悪質な行為があった場合には、不当解雇として慰謝料を請求することができます。...

  • 相続放棄の取り消し(撤回...

    被相続人に借金などの負債が多くある場合、相続放棄を検討することとなりますが、一度相続放棄をした場合、後から取り消し(撤回...

  • 相続放棄

    相続を承認するのか、放棄するのかを決定するのは遺産相続の一つのおおきな山です。相続放棄は、自分のために相続の開始があった...

  • 堺市の交通事故に強い弁護...

    交通事故にあってしまった場合には、治療費や慰謝料、本来であれば働いて得られたはずの賃金などの逸失利益を相手方や保険会社に...

  • 泉大津市の交通事故に強い...

    交通事故に加害者、もしくは被害者として遭遇してしまった場合には、慰謝料やその支払いの際の過失の割合が問題になることが多い...

  • 起訴と不起訴とは?

    ■起訴とは警察官や検察の捜査によって、 裁判所による裁判手続きを行って判決を得るべきであると検察官が判断した場合には起訴...

  • 浮気の慰謝料相場はいくら...

    自身の配偶者が不貞行為、いわゆる浮気をした場合の慰謝料は認められるのか、また浮気と認められるための基準などについて説明し...

  • 示談交渉を弁護士に依頼す...

    ■示談交渉を弁護士に依頼するメリット・示談とは交通事故の損害賠償などを、当事者で話し合って解決することを示談といい、示談...

  • 親権の獲得が有利になるに...

    離婚をお考えの方の中で、未成年のお子様をお持ちの方にとっては、お子様の今後に関する問題に何よりも頭を悩ませることでしょう...

  • 離婚の種類と手続き

    「離婚を検討しているが、いくつかある方法の中からどれを選ぶのが自分にとって最適なのかが分からない。」「離婚したいと考えて...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ