性格の不一致を理由に離婚する場合に慰謝料は請求できる? / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 離婚 > 性格の不一致を理由に離婚する場合に慰謝料は請求できる?

性格の不一致を理由に離婚する場合に慰謝料は請求できる?

離婚原因となるような性格の不一致とは、金銭感覚が合わない、衛生観念が合わない、思いやりが感じられない、子どもの教育方針が異なるなどの事柄が挙げられます。

このような性格の不一致によって離婚を考える場合、双方が納得していれば、離婚は可能です。

では、性格の不一致を理由に離婚する場合に慰謝料は請求可能なのでしょうか。

以下で詳しく見ていきます。

 

 

性格の不一致を理由に離婚する場合

 

離婚の方法としては、裁判所の手続きを介さない協議離婚や、家庭裁判所で調停委員を介して話し合いを行う調停離婚、調停不成立の場合に夫婦のうちいずれかが訴訟提起をおこない判決により離婚を成立させる裁判離婚があります。

 

離婚調停では、裁判所の職員等が仲介することにはなりますが、最終的には双方の同意がなければ調停は成立しません。

そのため、離婚調停でも双方の合意が得られない場合には、離婚訴訟として、裁判離婚の手続きに移行します。

裁判離婚になった時は、法定離婚事由がなければ離婚はできません。

性格の不一致は、法定離婚事由には当たらないので、離婚訴訟になった場合、性格の不一致だけで離婚をすることは難しいのです。

もっとも、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」という離婚事由があります。

性格の不一致を理由に夫婦間が不仲となり、長期別居をしているなど、実質的に夫婦関係が破綻しているといえる場合には、婚姻を継続し難いと判断され、離婚が認められる場合があります。

 

 

性格の不一致を理由とする場合の慰謝料請求の可否

 

離婚において慰謝料請求をする場合、民法710条により、精神的苦痛を被った場合に、不法行為として請求することになります。

精神的苦痛を被ったとは、相手方からDV受けていた、モラルハラスメントを受けていた、相手方に不貞行為があったなど、どちらか一方に有責事由があるときに認められます。

性格の不一致は、片方に有責事由があるわけではないため、慰謝料請求権は発生しません。

もっとも、性格の不一致が原因で、不貞行為をされたなどの事情がある場合には、それに応じた慰謝料請求も可能です。

まずは、弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

 

離婚についてお困りの際は和泉府中法律事務所の弁護士 田中太朗までご相談ください

 

離婚に際しては、慰謝料、財産分与、親権などの問題を協議することになります。

その際話がまとまらなければ、調停などの法的手続きをとる場合があります。

離婚に関してお悩みの際は、和泉府中法律事務所の弁護士 田中太朗までご連絡ください。お待ちしております。

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 処分保留で釈放された場合...

    ■処分保留の釈放とは?捜査機関が証拠収集を行うにあたっては、被疑者が逃亡したり証拠を隠滅したりすることを防ぐため、被疑者...

  • 性格の不一致を理由に離婚...

    離婚原因となるような性格の不一致とは、金銭感覚が合わない、衛生観念が合わない、思いやりが感じられない、子どもの教育方針が...

  • 過失割合とは?

    ■過失割合とは?・自賠責保険における重過失減額自賠責保険は被害者保護に厚い制度であり、民法上の過失相殺を適用せず、被害者...

  • 浮気の慰謝料相場はいくら...

    自身の配偶者が不貞行為、いわゆる浮気をした場合の慰謝料は認められるのか、また浮気と認められるための基準などについて説明し...

  • 起訴と不起訴とは?

    ■起訴とは警察官や検察の捜査によって、 裁判所による裁判手続きを行って判決を得るべきであると検察官が判断した場合には起訴...

  • 相続法改正の内容と施行日

    ■相続法改正の内容と施行時期相続法改正によって従来の相続法と大きく変更される事項について、ひとつずつ解説します。いつから...

  • 離婚の種類と手続き

    「離婚を検討しているが、いくつかある方法の中からどれを選ぶのが自分にとって最適なのかが分からない。」「離婚したいと考えて...

  • 交通事故によるむちうち|...

    交通事故でむちうちの症状がある場合、どのように慰謝料を計算して請求すればよいのでしょうか。本稿では、むちうちの慰謝料の計...

  • なぜ親権争いは母親が有利...

    法律上、離婚をした場合に子の親権は父親か母親かのいずれか一方に属することになっています。日本では協議離婚が9割を占める現...

  • 相続放棄の取り消し(撤回...

    被相続人に借金などの負債が多くある場合、相続放棄を検討することとなりますが、一度相続放棄をした場合、後から取り消し(撤回...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ