遺留分侵害額 請求 されたら / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 相続に関するキーワード > 遺留分侵害額 請求 されたら

遺留分侵害額 請求 されたら

  • 相続手続きの中で期限があるものは?

    遺留分侵害額請求(遺留分侵害を知ってから1年)被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人には、遺留分という最低限度の取り分が保障されています。そして、相続した財産額がこの取り分に満たない場合、法定相続人は遺留分を侵害した人に対し、不足額の支払いを請求することができます。 例えば、遺言により相続財産の大部分が被相続人の友...

  • 遺留分侵害額請求をされた場合の対処法とは

    遺留分侵害額請求とは、遺言や遺産分割協議の結果によって、遺留分が侵害された際にする請求のことです。そして、遺留分とは、一定の法定相続人が有する権利であり、最低限の遺産の取り分のことをいいます。特定の相続人に対して高額の遺産が承継されたことにより、一定の法定相続人が、遺産を全く得られなかった、もしくは、遺留分を下回...

  • 慰謝料請求できるケース

    離婚をお考えの方からお寄せいただくご質問の中で、とりわけ多いのが「慰謝料を請求することは可能だろうか」というものです。ご相談者様の離婚後の人生に対するご不安をできるだけ解消するためには、慰謝料の請求という可能性を考慮しておくことが大切でしょう。しかし、慰謝料は、全ての離婚のケースにおいて発生するものではありません...

  • 示談交渉を弁護士に依頼するメリット

    交通事故の損害賠償などを、当事者で話し合って解決することを示談といい、示談の内容として、加害者の被害者に対する金銭の支払いについての「給付条項」と、被害者が将来他の金銭の支払いを請求しないことについての「清算条項」を定めるものです。 ・賠償の基準金額算定の基準として(1)自賠責基準(2)任意保険基準(3)弁護士基...

  • 弁護士特約とは?

    弁護士特約を付けた場合、被保険者が加害者・相手方の保険会社に損害賠償請求をした際に生じた弁護士費用等が一定の限度で保険会社から支払われます。保険金の限度額は、300万円としているものが多くなっています。 ・加害者に対する損害賠償請求交通事故における損害賠償請求訴訟においては、弁護士費用の一部が損害として認められる...

  • 逮捕された後に弁護士ができること

    そのため被疑者に有利な証拠を取集し、釈放の請求をすることが出来ます。 加えて示談交渉を行うことが出来ます。傷害や窃盗事件の場合、被害者との間での示談成立の有無が、起訴不起訴の判断や起訴されて刑事裁判になった際の量刑にも影響を与えます。この示談交渉は、プライバシーの問題から直接相手方と交渉を行うことが出来ない場合も...

  • 私選弁護士と国選弁護士の違いとは?

    ここでの勾留事件とは、逮捕後原則3日以内に検察は起訴不起訴の判断をしなければなりませんが、さらに取調べが必要な場合などに10日以内の範囲で2回まで裁判所に請求できる勾留という措置が取られた場合のことを指します。 一般に私選弁護人のメリットとしては、国選弁護人よりも早い段階(勾留前から)選任できるためより早く証拠収...

  • 逮捕後の手続きと流れ

    検察官は24時間以内に起訴するかしないかの判断、もしくは追加の取り調べをしなければならないときなどやむを得ない場合には裁判所に対して勾留請求をすることとなります。この72時間以内に被疑者が有利な証拠を提出するなどすれば、検察は起訴することはできず、裁判所も勾留を認めないため、短期間で釈放されることになります。 

  • 刑事事件の被害者になってしまったら

    また損害賠償の請求もあります。そもそも加害者が知人の場合や、警察の捜査によって加害者が明らかとなった場合、加害者が刑の減軽や不起訴処分を得ることを目的に示談交渉を求めてくる場合があります。示談にはメリットデメリットの両方があり、メリットとしては早い段階で被害の弁済を受けることが可能であるということが挙げられます。...

  • 債務整理

    1つは「過払い金請求」です。長期にわたって借金を返済していると、貸金業者にお金を支払い過ぎてしまうことがあります。その場合、貸金業者に払い過ぎてしまったお金を返還してもらうよう請求することで、お金が手元に戻ってくる可能性があります。そして2つ目は「任意整理」です。これは、金利の引き直し、借金の減額などを行う余地が...

  • 相続法改正の内容と施行日

    改正法では、被相続人の介護等に尽くした被相続人の親族が、他の相続人に対して金銭の請求を行うことを認めています(1050条)。 弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、離婚のお悩みだけでなく、相続、交通事故、刑事事件などの法律問題に対し、地域密着型の活動方針のもと、幅広くご対応させていただいております。和泉市、泉...

  • 釈放時の身元引受人とは?誰がなれるか

    また、身体拘束中の被疑者側から保釈の請求(89条)を行う場合にも、身元引受人の有無が重要な意味を持ちます。保釈請求は、①容疑をかけられた犯罪が懲役1年以上のものでなく、②重大犯罪(懲役10年以上)の前科がなく、③長期3年以上の犯罪の常習犯容疑でなく、④証拠隠滅のおそれや証人や親族を加害する恐れがなく、⑤氏名不詳・...

  • 追突事故

    一度示談が成立してしまうと、通院費などの請求でトラブルが起きる可能性が高いため、追突事故の場合には病院で診察を受けることが望ましいでしょう。 ■追突事故の過失割合追突事故において、その過失割合は原則として、追突した側の過失が10に対し、追突された側の過失は0とされています。十分に車間距離を空け、速度を抑えていれば...

  • 休業補償

    なお、自賠責保険には休業損害に対して1日あたり5,700円という金額が支払われることが決められていますが、労災保険から支払われる休業補償と合わせて請求することは認められておらず、どちらか一方からしか支払いを受けることはできません。 交通事故の被害に遭うことで仕事にいけず、収入の減少を懸念される方は多くいらっしゃい...

  • 貝塚市の離婚が得意な弁護士をお探しの方

    しかしながら離婚に際しては、財産分与、慰謝料請求、子どもがいる場合には親権をどちらが得るのか、養育費の支払い等様々な問題が発生する恐れがあります。 離婚に際しては夫婦間の協議で離婚する協議離婚によることが基本となりますが、協議が成立しなかったような場合には離婚調停や離婚訴訟によって離婚することになります。協議によ...

  • 堺市の交通事故に強い弁護士をお探しの方

    交通事故にあってしまった場合には、治療費や慰謝料、本来であれば働いて得られたはずの賃金などの逸失利益を相手方や保険会社に対して請求することが考えられます。このような請求は示談によることになります。示談交渉が決裂したような場合には訴訟を行うことも考えられます。 相手方と示談を行う場合に、弁護士を付けずに自ら示談交渉...

  • 交通事故の通院終了後は何をすればいいか

    そこで初めて相手に対して具体的な請求金額を提示し示談金の交渉をすることができるわけです。 もっとも、直接相手に対して連絡するのではなく、相手が加入している保険会社に対して連絡をするべきであるといえます。というのは、被った損害額を相手は十分に払えないから、そして相手は任意加入保険に入っているのがほとんどであるからで...

  • 遺言書の種類や書き方

    普通の方式の遺言書の中で、公正証書遺言を除いて被相続人の死亡した後、遺言書を開封する前に家庭裁判所に対して遺言書の検認請求をしなければならないです(民法1004条1項)。検認を怠ったからといって遺言書の効力がなくなることはないですが、5万円以下の過料を取られます(同法1005条)。 弁護士田中太朗(和泉府中法律事...

  • 泉大津市の交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

    つまり、慰謝料の認定には、公平の観点に従いつつ、諸般の事情を考慮したうえで裁判官の裁量によって判断されるため、算定基準となる証拠の提出が必要となりますが、請求額の根拠を示す必要はありません。どの程度の過失があったのかを賠償額に盛り込み、実際にその内訳の判断は裁判官にゆだねられるため、弁護士と相談することで、裁判官...

  • 浮気の慰謝料相場はいくら?

    不貞行為による損害賠償請求は民法の不法行為責任(709条)に基づいて認められます。判例(最判昭和54年3月30日)では不貞行為の基準として、「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかど...

  • 処分保留で釈放された場合、起訴や再逮捕される可能性は?

    勾留請求が認められた場合には、勾留の延長が認められない限り10日の間に起訴・不起訴の決定をしなければならず、起訴しない場合には釈放しなければなりません。 したがって、検察官としては、勾留期限までに被疑者を起訴するか、被疑者を釈放するかのいずれかの手段をとることとなります。もっとも、釈放するケースの中には、起訴しな...

  • 不当解雇による慰謝料|相場や増額するためにできることとは?

    会社から正当な理由なく解雇され、それに付随して悪質な行為があった場合には、不当解雇として慰謝料を請求することができます。 不当解雇の例として、軽微なミスを一度しただけにもかかわらず、改善指導もせずに解雇した場合や上司とそりが合わないという理由で解雇した場合、労働基準法の手続きに違反して解雇した場合などがあげられま...

  • 遺留分とは?法定相続分との違いや権利者の範囲など

    その結果、特定の相続人が、財産を全く、あるいは、著しく過小な割合でしか相続できなくなってしまった場合に、遺留分の範囲で金銭の請求をすることができます。 たとえば、法定相続人が配偶者のみであった場合、遺留分は2分の1です。したがって、遺産総額が5000万円の場合、遺言において、愛人に全財産を譲ると記載されていたとし...

  • 性格の不一致を理由に離婚する場合に慰謝料は請求できる?

    では、性格の不一致を理由に離婚する場合に慰謝料は請求可能なのでしょうか。以下で詳しく見ていきます。  性格の不一致を理由に離婚する場合 離婚の方法としては、裁判所の手続きを介さない協議離婚や、家庭裁判所で調停委員を介して話し合いを行う調停離婚、調停不成立の場合に夫婦のうちいずれかが訴訟提起をおこない判決により離婚...

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 遺産分割協議と調停につい...

    遺産分割協議とは、だれがどの財産を相続するかを決定する会議です。相続人と相続財産が確定し、遺産を受け継ぐと決めたら、いよ...

  • 不当解雇による慰謝料|相...

    会社から正当な理由なく解雇され、それに付随して悪質な行為があった場合には、不当解雇として慰謝料を請求することができます。...

  • 追突事故の慰謝料の計算方...

    交通事故はさまざまな状況で発生するものであり、追突事故もその中の一つです。追突事故に遭った場合、慰謝料はどのくらいもらえ...

  • 処分保留で釈放された場合...

    ■処分保留の釈放とは?捜査機関が証拠収集を行うにあたっては、被疑者が逃亡したり証拠を隠滅したりすることを防ぐため、被疑者...

  • 相続放棄

    相続を承認するのか、放棄するのかを決定するのは遺産相続の一つのおおきな山です。相続放棄は、自分のために相続の開始があった...

  • 債務整理

    「債務整理」とは、ご自身の借金を減額することや、支払いに猶予をもたせることで、ご自身の生活のご負担を少しでも軽減するとい...

  • 離婚の種類と手続き

    「離婚を検討しているが、いくつかある方法の中からどれを選ぶのが自分にとって最適なのかが分からない。」「離婚したいと考えて...

  • 私選弁護士と国選弁護士の...

    私選弁護人と国選弁護人の違いは様々です。そもそも私選弁護人とは、被疑者やその家族などが私費で弁護を依頼した弁護士であり、...

  • 交通事故の通院終了後は何...

    交通事故の怪我が回復し通院が終わった後に、何をすれば良いのでしょうか。まず思い浮かぶのは、交通事故を起こした相手に対して...

  • 労働問題

    日々、会社で働くにあたって、労働問題が発生する可能性はあらゆるところに潜んでいます。代表的な労働問題は、残業代の未払いで...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ