養育費 取り決め / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 離婚に関するキーワード > 養育費 取り決め

養育費 取り決め

  • 離婚の種類と手続き

    公正証書に強制執行認諾約款をつけることで、相手が取り決め養育費を支払わないといった際に、簡易的な手続きで強制執行することができます。 2.調停離婚とは、家庭裁判所の調停委員会を夫婦の間において、調停委員との話し合いで成立させる離婚のことをさします。調停離婚では、夫婦が顔を合わせてお互いに意見を述べるのではなく、...

  • 養育費はいつまで貰えるか

    これからお金もかかると思うが、養育費はいつまで支払ってもらうことができるのだろうか。「養育費が支払われる年齢は決まっていると聞いたことがあるが、本当だろうか。離婚を検討されており、お子さんがおられる方の数多くは、このように養育費についてお悩みです。 このページでは、離婚にまつわる数多くのキーワードのなかから、養育...

  • 養育費の取り決めを公正証書に残すメリット

    子どもがいる方が離婚をする際、養育費取り決めを行うにあたっては、月額いくらを養育費としていつまで支払うか、その内容を決めることになります。内容が定まったら、その内容を公正証書に残しておくことをおすすめします。 公正証書は、公証役場にて、公証人が作成した書面に署名押印をすることで成立します。中立な第三者かつ法律の...

  • 親権の獲得が有利になるには?

    もし余裕がない場合は、配偶者から養育費を得ることができるといった事情を示すことで、親権獲得に近づくことができると言えるでしょう。 弁護士・田中太朗(和泉府中法律事務所)は、離婚のお悩みだけでなく、相続、交通事故、刑事事件などの法律問題に対し、地域密着型の活動方針のもと、幅広くご対応させていただいております。和泉市...

  • 貝塚市の離婚が得意な弁護士をお探しの方

    しかしながら離婚に際しては、財産分与、慰謝料請求、子どもがいる場合には親権をどちらが得るのか、養育費の支払い等様々な問題が発生する恐れがあります。 離婚に際しては夫婦間の協議で離婚する協議離婚によることが基本となりますが、協議が成立しなかったような場合には離婚調停や離婚訴訟によって離婚することになります。協議によ...

  • 離婚協議書と公正証書|記載内容や効力の違い

    離婚の際には、離婚することについて夫婦双方の合意が必要となることはもちろん、親権者、養育費の金額、面会交流の頻度、財産分与、婚姻費用、慰謝料等の離婚条件についても合意する必要があります。そして、後になってトラブルになることを避けるため、合意内容については書面にまとめておくのが一般的です。この書面を、離婚協議書とい...

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • なぜ親権争いは母親が有利...

    法律上、離婚をした場合に子の親権は父親か母親かのいずれか一方に属することになっています。日本では協議離婚が9割を占める現...

  • 慰謝料請求できるケース

    離婚をお考えの方からお寄せいただくご質問の中で、とりわけ多いのが「慰謝料を請求することは可能だろうか」というものです。ご...

  • 処分保留で釈放された場合...

    ■処分保留の釈放とは?捜査機関が証拠収集を行うにあたっては、被疑者が逃亡したり証拠を隠滅したりすることを防ぐため、被疑者...

  • 貝塚市の離婚が得意な弁護...

    日本の離婚率は35%前後であり、離婚問題は誰もが経験する可能性のある重大な問題です。しかしながら離婚に際しては、財産分与...

  • 債務整理

    「債務整理」とは、ご自身の借金を減額することや、支払いに猶予をもたせることで、ご自身の生活のご負担を少しでも軽減するとい...

  • 遺産分割協議と調停につい...

    遺産分割協議とは、だれがどの財産を相続するかを決定する会議です。相続人と相続財産が確定し、遺産を受け継ぐと決めたら、いよ...

  • 症状固定と後遺障害等級に...

    ■症状固定と後遺障害等級について・後遺障害等級とは適切な治療行為を継続しても、改善の見込みがない状態を「症状固定」といい...

  • 企業法務

    企業を経営していくにあたって、弁護士が法務的なサポートを行うことは、企業の日常的な活動だけでなく、今後の成長のためにも不...

  • 遺留分とは?法定相続分と...

    遺留分とは、特定の法定相続人が最低限取得することができる財産の取り分のことをいいます。遺言などが無い場合、原則として、民...

  • 浮気の慰謝料相場はいくら...

    自身の配偶者が不貞行為、いわゆる浮気をした場合の慰謝料は認められるのか、また浮気と認められるための基準などについて説明し...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ