離婚協議書と公正証書|記載内容や効力の違い / 弁護士 田中 太朗

弁護士 田中 太朗 > 離婚 > 離婚協議書と公正証書|記載内容や効力の違い

離婚協議書と公正証書|記載内容や効力の違い

■離婚協議書とは?
離婚の際には、離婚することについて夫婦双方の合意が必要となることはもちろん、親権者、養育費の金額、面会交流の頻度、財産分与、婚姻費用、慰謝料等の離婚条件についても合意する必要があります。そして、後になってトラブルになることを避けるため、合意内容については書面にまとめておくのが一般的です。この書面を、離婚協議書といいます。

 

離婚協議書には、合意内容と日付を記載して、当事者の氏名・住所を自書した上で押印します。当事者がお互いに合意内容を証明するための書面ですから、同じものを2部作成してそれぞれ1部ずつ保管することになります。

 

■公正証書とは?
公正証書とは、公証役場にいって公証人の立会いのもと作成する書面のことをいい、遺言や契約等様々な場面で利用されています。

 

公正証書は公証人が職務として作成する書面であるため、高い証明力が認められます。また、公正証書は債務名義となりうるため、公正証書の記載しだいでは、改めて裁判等を行うことなく直接的に強制執行することができます。

 

公正証書を作成するためには、まず公証人との打ち合わせを行い、作成する証書の内容を決めます。そして、打ち合わせが完了したら、公証役場に出向いて公正証書を作成します。公正証書の作成には手数料がかかり、その金額は証書の記載内容によって変わります。

 

■離婚協議書・公正証書の違い
〇作成方法の違い
ここまでに解説してきたように、離婚協議書と公正証書は作成方法が異なります。

 

通常の離婚協議書は、必要事項を記載して署名押印することにより作成します。これに対して、公正証書遺言の場合は、公証人との打ち合わせや公証役場での手続きを行って作成します。

 

〇効力の違い
通常の離婚協議書と公正証書は、いずれも合意内容を証明する書面です。

 

しかし、養育費の不払い等、合意内容をめぐってトラブルが生じた際には、公正証書の方が高い証明力を持ちます。また、離婚協議書は訴訟での証拠としての意味しか持ちませんが、公正証書は債務名義としての意義を持つため、訴訟を経由することなく強制執行を行うことができます。

 

弁護士田中太朗(和泉府中法律事務所)は、和泉市、泉大津市、堺市、岸和田市、貝塚市を中心に、大阪府、京都、和歌山、兵庫、奈良、滋賀周辺における離婚に関するご相談を承っております。離婚に関するさまざまな問題に対応しておりますのでお困りの際は、お気軽に当事務所までご連絡ください。

弁護士 田中 太朗が提供する基礎知識

  • 症状固定と後遺障害等級に...

    ■症状固定と後遺障害等級について・後遺障害等級とは適切な治療行為を継続しても、改善の見込みがない状態を「症状固定」といい...

  • 慰謝料請求できるケース

    離婚をお考えの方からお寄せいただくご質問の中で、とりわけ多いのが「慰謝料を請求することは可能だろうか」というものです。ご...

  • 堺市の交通事故に強い弁護...

    交通事故にあってしまった場合には、治療費や慰謝料、本来であれば働いて得られたはずの賃金などの逸失利益を相手方や保険会社に...

  • 企業法務

    企業を経営していくにあたって、弁護士が法務的なサポートを行うことは、企業の日常的な活動だけでなく、今後の成長のためにも不...

  • 処分保留で釈放された場合...

    ■処分保留の釈放とは?捜査機関が証拠収集を行うにあたっては、被疑者が逃亡したり証拠を隠滅したりすることを防ぐため、被疑者...

  • 法定相続人とは?

    民法では、相続人となるべき人とその順番を定めています。まず、被相続人の配偶者は常に相続人となります。しかし、内縁の夫や妻...

  • 逮捕後の手続きと流れ

    逮捕された後は最初の72時間が重要となります。逮捕された被疑者(俗にいう容疑者)は、警察による取り調べを経て48時間以内...

  • 債務整理

    「債務整理」とは、ご自身の借金を減額することや、支払いに猶予をもたせることで、ご自身の生活のご負担を少しでも軽減するとい...

  • 相続の流れと相続後の手続...

    ■死亡届の提出相続は人の死によって開始します。被相続人が亡くなった場合、まずは死亡届を役場に提出しなければなりません。死...

  • 釈放時の身元引受人とは?...

    ■釈放時の身柄引受人とは?犯罪の容疑が認められる場合、警察・検察が裁判所の令状の発布を受けて容疑者の身柄を拘束することが...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

「何か悩み事はありませんか。
一人で抱え込んでいませんか。」

田中弁護士の写真
弁護士
田中 太朗(たなか たろう)
ご挨拶
  • お客様のご相談に迅速かつ誠実に対応いたします。
  • 親しみやすい「市民のための法律家」として、あらゆるご相談を承ります。
  • 各種委員会や被害者弁護団としての活動を通じて幅広い問題に取り組んでいます。
所属・著書・資格等
  • 大阪弁護士会
  • 消費者保護委員会
  • 刑事弁護委員会
  • リース被害者弁護団
  • 交通事故委員会
  • 遺言・相続センター運営委員会
  • 欠陥住宅関西ネット
  • 大阪都島区倫理法人会幹事(小川)
  • 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

事務所概要

名称 和泉府中法律事務所 弁護士 田中 太朗
所属

大阪弁護士会 消費者保護委員会 刑事弁護委員会 リース被害者弁護団

交通事故委員会遺言・相続センター運営委員会 欠陥住宅関西ネット

大阪都島区倫理法人会幹事(小川) 龍谷大学法科大学院 客員講師(田中)

資格者名 田中 太朗
所在地 〒594-0071 大阪府和泉市府中町1丁目10-3 第2泉洋ビル301号
電話番号/FAX番号 TEL:050-5434-9254
対応時間 月~土 9時30分~18時 ※事前予約で時間外も対応可能
定休日 日・祝 ※事前予約で対応可能

ページトップへ